「今のまま変わらずにいれば、損害保険会社のビジネスは緩やかに沈んでいくだけだ」(大手損保首脳) 人口減少が進む中、自動車の保有台数や住宅の数が減っていくことは論をまたない。しかも、その二つこそが損保事業の収益の4分の3を占めているのだから、事態は深刻だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。