沈む産業の代表格といえる国内家電メーカー。超高齢化社会を見据え、シニア層の利用を想定した家電の販売に力を入れている。炊飯器や掃除機を高齢者に使いやすいよう小さくしたり、操作パネルを大きくしたりする一方で、ぜいたく品を求める高齢者も少なくないことから、高級感あふれるデザインにするといった具合だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。