7月4日、金融庁は初めてまとめた金融検査の年次報告書、通称「金融モニタリングレポート」を公表。その中で、地方銀行に“死亡宣告”を突き付けた。レポートの中で金融庁は、貸出残高と生産年齢人口との間には高い相関関係があるとし、この関係が今後も継続すれば、2025年3月末時点では、「いずれの地域においても貸出残高は減少する」としている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。