23年ぶりの過去最高益となった日立製作所。「沈む巨艦」は、にわかに電機業界の勝ち組へとよみがえったかのように見える。社内改革を主導したのが、豪腕で知られる中西宏明会長兼CEOだ。その一方で、世界に目を転じれば、眼前には米ゼネラル・エレクトリック、独シーメンス、米IBMといった世界の巨人が立ちはだかる。日立の復活は本物なのか。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。