「KYかな」「間違ってるかも」と意見をためらう。会議とは、ためらいの上に成立しているのかもしれません。しかし、『世界のエリートが学んできた自分の考えを「伝える力」の授業』は、ディスカッションの本質と伝える手法を分かりやすく説きます。議論とは、「勝ち負けを競うものではなく、テーマの内容を発展させ、価値を創造すること」と定義。その上で意見を伝えるための「シンプルな結論」「意見の絞り込み」「重要度の高いものから」という三つの手法を解説します。基礎的なレベルに寄り添った内容ながら、読後感の豊かさは、まさに伝わっているからなのです。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。