明治時代の日本では、三井、三菱、住友、安田の四大財閥が、経済界で大きな影響力を持つようになった。各財閥は中心的な企業として銀行を擁し、三井銀行、三菱銀行、住友銀行、安田銀行に、渋沢栄一系の第一銀行を加えた5行が「五大銀行」と呼ばれた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。