本来ならば、ビッグディールには主体的に関わり、マジョリティを握る方が良い。いかんせん、アルストムのディールでは、シーメンスと共に途中から参戦したので主体的に関わることができなかった。だが、われわれが共同提案をした結果、GEが当初の完全買収案から50%出資の合弁案へと大幅な譲歩を迫られた。完全買収案が通ればGEに圧倒的な差をつけられていた。われわれの提案が受け入れられなかったのは残念だが、一定の防御ができたという意味では、60点、70点くらいは頂けるんじゃないでしょうか。GEとアルストムが完全融合するまで2~3年はかかり猶予はある。今年度中に主役としてディールに参加する準備をしたい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。