主役になれないわけではない。業界集約化が加速するのは間違いないし、そうした動きから目を背けているわけではない。アルストムの売却対象のメインは火力発電設備だった。火力事業は、三菱重工との合弁体制を築いたばかりである上、こうしたコモディティ化されていく事業を日立は追うべきではないという判断だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。