アルストム争奪戦が号砲となり、ビッグディール時代が到来した重電・エネルギー業界。世界再編の動きから脱落したかのように見える日系重電メーカーに活路はあるのか。いかにして、GE、シーメンスら「世界の巨人」と互して戦い、M&Aへの参戦権を獲得するつもりなのか。日立、東芝、三菱重工の3社長を直撃した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。