米通商代表部(USTR)のフロマン代表が環太平洋連携協定(TPP)交渉の「終盤」を宣言して半年あまり。4月のオバマ大統領の日本訪問によって、交渉の最難関の一つとなっている日米協議は「大きく前進した」(日米交渉筋)。少なくとも甘利明TPP担当相や日本政府高官は日米協議を「8合目までたどりついた」と述べ、長い終盤の中でも交渉は着実に進展したと強調する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。