夫婦世帯、単身者世帯、自営業世帯など7つのケース別に、厚生労働省のシナリオの中でもより現実的で慎重なケースに基づいて、誌面では掲載しきれなかった22〜60歳までの1歳刻みの年金額を独自に試算した。ぜひ自分がどのくらい年金をもらえそうなのか確かめてほしい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。