東日本大震災発生時、14の学校、約3000人の子どもたちが無事に避難したことで注目を集めた岩手県釜石市。この「釜石の奇跡」の立役者が、指導をしてきた群馬大学大学院の片田教授だ。片田教授の防災教育はなぜ子どもたちを守れたか、今改めて考えたい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。