低金利やカネ余りを背景にM&A(mergers & acquisitions=企業の合併・買収)が世界的ブームを迎え、2008年のリーマンショック以前の水準に迫っている。ソフトバンクが米Tモバイル買収に動いたり、三菱重工業が仏アルストムのエネルギー部門買収に名乗りを上げたりするなど、日本勢もM&Aブームに乗っている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。