南シナ海での中越間対立が続く中、ベトナム消費者の中国製品に対する不買心理が以前にも増して増幅している。筆者は6月中旬、自らもかつて7年間住んだハノイを訪れた際、街の消費者や流通業者などから生の声を聞いた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。