2013年度の消費者物価上昇率は、円安やエネルギー価格上昇などコスト増の影響が大きかったものの、民間エコノミストの当初の予想は外れ、日本銀行の見通しに沿ったものとなった。14年度の見通しも日銀の見通しにほぼさや寄せされ、追加緩和期待は後ずれしている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。